FIELD PHOTO × SKETCH

生き物の写真と絵を少しずつ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギロリ

P2231115.jpg
コウノトリ Oriental Stork  Ciconia boyciana

日本からコウノトリが消えたのは、ラムサール条約が採択された1971年だという。
自分が生まれる15年以上前と思うと感慨深いものだ。

さて、今回初めてコウノトリを双眼鏡を通して見た感想は「怖い鳥」だった。
鋭い目つきと大きな嘴。悪役のような顔つきである。



P2242093.jpg

口の中まで真っ赤。
眼周辺の赤色と相まって、物凄い形相だ。勝てる気がしない。



P2242185.jpg




2013年2月 島根県
スポンサーサイト
  1. 2013/03/26(火) 00:17:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

宍道湖の雁達

P2242473.jpg
マガン Greater White-fronted Goose   Anser albifrons

マガンの大規模な渡来地に来たのは今回が初めて。
その数に圧倒されてしまった。
採餌している様子を見ていても飽きないが、群れで飛翔している時の迫力もまた良い。
毎年マガンとカリガネに会いに来ているという方にお会いしたが、その気持ちも分かる魅力的な鳥だ。




P2242516.jpg
黄色いアイリングのある個体

当然マガンの群れからカリガネを探してみるのだが、これがなかなか見つからない。
上の写真のような個体もいるから一瞬ドキッとさせられる。



P2242702.jpg
カリガネ Lesser White-fronted Goose  Anser erythropus

こちらは本物。
非常に可愛らしい顔つきをしている。それなのにずっと頭を藪に突っ込み、ほとんどその顔を見せてくれなかった。
どうやら警戒を周囲のマガンに任せて、自分はせっせと採餌しているようだ。
探し始めて3日目にしてようやく見つけたカリガネ、喜びもひとしおだ。



P2243182.jpg
ヒシクイ Bean Goose  Anser fabalis

ヒシクイは島根最終日の夕暮れ時、最後の最後に見つかった。
ヒシクイだけの数羽の群れで行動していた。


P2243224.jpg



P2230881.jpg
サカツラガン Swan Goose  Anser cygnoides

1羽だけ見られたサカツラガン。
他のガンより一回り大きく、後頸のラインが目立つのですぐに見つかった。
頭から首にかけての毛感が高級な毛布のようだった。


2013年2月 島根県
  1. 2013/03/23(土) 01:32:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

島根県立 宍道湖自然館 ゴビウス

P2220190.jpg

宍道湖西岸に位置する水族館は、県立で知名度もあまり高くないので正直あまり期待していなかった。
ところが意外と綺麗でコンセプトもしっかりしている。首都圏の集客ばかりに注力している水族館より個人的にはよほど楽しめた。日本産淡水魚の魅力にあらためてハッとさせられた。




P2220091.jpg
入口はこんな感じ。館外には広い庭があり、ツグミやホオジロが姿を見せる。


P2220093.jpg
最初にインパクトがあったのがこの水槽。というか池。
丸窓から覗き込むと…



P2220094.jpg
魚影が濃い!見える魚は普通種だがこういう工夫は好きだ。
透明度も高いし、宍道湖を覗き込んでいるような気分になる。



P2220196.jpg
ヤマトシジミの水質浄化実験。
解説を全部読まなくてもなんとなくどういう実験なのかが分かる。結果も見て明らかだし。
飼育さんが毎日セッティングしているのかと思うと恐れ入る。
子供でも見れる段差の上に置いてあるし、学ぶにはもってこいの施設だ。
お客さんは少なかったけど、こういう施設はこれからも生き残ってほしいものだ。


P2220167.jpg
カサゴ Sebastiscus marmoratus

魚の状態も非常に良かった。水槽も手入れが行き届いていたし、宍道湖・中海の魅力を必要十分に伝えられているように思えた。


P2220212.jpg
イトヨ Gasterosteus aculeatus

P2220224.jpg
ゴギ Salvelinus leucomaenis imbrius

P2220240.jpg
オオヨシノボリ Rhinogobius sp. LD

P2220278.jpg
シンジコハゼ Gymnogobius taranetzi

今回ゴビウスということで是非見たかったシンジコハゼ。鳥見がメインの旅行だったので野生個体の観察は出来なかったが水族館で見られて良かった。
黄色の横帯がよく目立つ。婚姻色の出た♀も1尾だけいたが上手く撮れなかった。

この日はリニューアル工事をしていて、一部見れない展示もあった。代わりにクジラの骨の展示なんてものも。
決して大きな水族館ではないが久しぶりに楽しい水族館だった。
いつか、また。


2013年2月22日 島根県
  1. 2013/03/16(土) 05:12:22|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

nao

Author:nao
専門は日本産淡水魚ですが
現在は鳥に夢中

使用機材

カメラ:OM-D E-M5

レンズ:BORG71FL/M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO/M.ZUIKO DIGITALED 60mm F2.8 Macro

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

鳥 (48)
魚 (1)
蛙 (1)
水族館 (1)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。